トリミングかな
*
ホーム > オデキ > 顔にオデキができた30代の女性のカバー

顔にオデキができた30代の女性のカバー

顔にオデキができた30代の女性の場合のカバーの方法についての体験談です。
私は中学の頃からニキビが出来始めました。
この頃のニキビは思春期だからとか、青春のシンボルなんて言われていたのでそれ程までは気にしていませんでした。
しかし20代の後半から30代に差し掛かる頃、繰り返し同じ場所にできる大人ニキビが出るようになりました。
この歳になると化粧でカバー出来たりしますが、大きく目立つオデキはどうしても化粧ではカバーする事ができません。若い頃に比べ女性なら誰でも気になると思います。
そして大人ニキビは治りにくいとも言われ完全に無くなるのには時間が掛かり、ニキビが治ったかと思えばまた違う場所に出てくるので、とても厄介です。
もっと早くに大人ニキビ対策をしていれば良かったのかもしれませんが、私は30代に入りやっと本気で大人ニキビの対策を始めました。
私がしてきた事は当たり前、基本的な事ばかりです。
毎日の洗顔はかかさず、ニキビが出来やすい食べ物、特に甘い物を控え、週に一回は集中パックをしました。
今まで試してきた中で一番良かった大人ニキビをカバーする方法は、薬局などで売っている「オードムーゲ」と言う化粧水です。
これを毎日の洗顔の後にたっぷりと塗り、パックをする時はいつもの倍のオードムーゲをコットンに染み込ませパックしています。
これをする事によって、以前より随分と良くなりニキビも出来にくくなりました。
やはり肌が綺麗だと気分も善いものです。
これからもこの化粧水を使ったオデキのカバー方法は手放せませんね。

にきび ケア 実践すべきこと